【いいお墓】納骨堂の東京イチオシ3選!価格や費用も検討!

いいお墓 納骨堂
新しいお墓の形として浸透する納骨堂。費用や価格は安いのか?東京ならどこがおすすめなのか?調べてみました!

【納骨堂】東京の人気納骨堂3選!

いいお墓 納骨堂

ここでは納骨堂の中でも人気の高い、東京の納骨堂を人気順に3つご紹介します。その前に費用や価格感について詳しく知りたいという方はコチラへ。

ページ内リンク:納骨堂の費用・価格は安いのか?

【第1位】新宿:新宿御苑前しんじゅくぎょえんまえ 聖陵せいりょう

新宿御苑前 聖陵しんじゅくぎょえんまえ せいりょう
いいお墓 納骨堂 東京

この墓地のおすすめポイント!

  • 新宿御苑前駅から「徒歩3分」!!
  • 黒御影石と大理石を使用した高級感溢れるつくり
  • 使用期限が無く永代としても利用が可能

墓地利用価格表

いいお墓 納骨堂

購入者の口コミ①

いいお墓 納骨堂 東京

「こちらは毎年の管理費の支払いなど引き継いでいけば本当にずっと使っていける所が良く選びました。また、檀家としてお寺とのお付き合いも必要ないということも今後の心配がなく良かったです。」

 

購入者の口コミ②

いいお墓 納骨堂 東京

「各線の新宿駅から徒歩圏内で、地下鉄で近くまで行くこともできるので、非常に便利。駐車場がないけれども、法要の時にはお寺さんの境内に駐車させてもらえる。」

▽資料請求はこちらが便利です▽

いいお墓

 

【第2位】浅草:我妻橋天空陵苑あがつまばしてんくうりょえん

我妻橋天空陵苑あがつまばしてんくうりょえん
いいお墓 納骨堂 東京

この墓地のおすすめポイント!

  • とにかく安価(48万円~)に収められる!
  • 檀家契約が不要
  • 墓地内はバリアフリー、駅から徒歩1分の好立地

墓地利用価格表

いいお墓 納骨堂 東京

 

購入者の口コミ①

いいお墓 東京 納骨堂

「永代供養などと比べると安くはありませんが、立地から選んだ範囲で、自動搬送式の納骨堂で家族タイプではこちらが一番お手頃でした。」

 

購入者の口コミ②

いいお墓 納骨堂 東京

「料金について。葬儀や会食はできませんが、他の納骨堂よりも手頃だと思います。維持費はかかりますが、この施設であれば納得でき、費用に見合っていると思いました。」

▽資料請求はこちらが便利です▽

いいお墓

 

【第3位】経堂:ゆいの御廟ごびょう

経堂 ゆいの御廟ごびょう
いいお墓 納骨堂 東京

この墓地のおすすめポイント!

  • 区画数が3182区画と非常に多い!
  • ペットと一緒にお墓参りする事も、納骨も可能な新しい納骨堂
  • 使用期限が無く名義変更だけで永代使用が可能。

墓地利用価格表

いいお墓 納骨堂 東京

購入者の口コミ①

いいお墓 納骨堂 東京

「ペットと一緒OKのお墓なので、ペットのいる方は安心できます。駅からの道のりも、わかりやすく、綺麗に整備されてます。」

「管理費も、お墓の費用もちょうど良いと思います。毎回のお花やお線香などもいらないので便利です。」

 

購入者の口コミ②

いいお墓 納骨堂 東京

「充実した設備を備えているので、800,000円というのは安いと思いました。場所も小田急線、経堂駅から、徒歩6分程で道も平坦な道で、行きやすいです。駅からの道も、安全で分かりやすいです。」

▽資料請求はこちらが便利です▽

いいお墓

 

納骨堂の費用・価格は安いのか?

いいお墓 費用

結論から言うと、納骨堂は安いです。但し、一般的なお墓や民営墓地に比べては安く、永代供養墓地に比べれば高いです。

首都圏の民営墓地にかかる費用の目安がこちらになります。

首都圏の民営墓地にかかる費用の目安
墓石・工事費用 永代使用料 年間管理料 合計
東京23区

(0.486㎡)

100~170万円 106.3万円 16.323円 208~278万円
東京郊外

(2.280㎡)

110~210万円 114.9万円 16.977円 227~327万円
神奈川県

(1.668㎡)

100~170万円 106.5万円 14.461円 208~278万円
埼玉県

(1.905㎡)

140~360万円 78.6万円 9,437円 220~440万円
千葉県

(2.637

㎡)

100~170万円 78.1万円 10,246円 180~250万円

これに比べて、納骨堂の平均費用は98万4,706円(出典:「第9回 お墓の消費者全国実態調査」株式会社 鎌倉新書)です。また、納骨堂のタイプごとの平均はこのように異なります。

棚式納骨堂 ロッカー式納骨堂
棚式納骨堂 画像

30~80万円

ロッカー式納骨堂 画像

50~100万円

仏壇式納骨堂 お墓式納骨堂
納骨堂 仏壇式 画像

150~400万円

納骨堂 お墓式 画像

合祀:15~50万円、合葬:30~80万円

納骨堂のタイプ4つを検証!ロッカー式・ペットと一緒など!

ひとくちに納骨堂と言っても、実はその中にも様々なタイプがあります。納骨堂はそのタイプによって価格は100万円以上変わることも。どんなタイプの者があるのかよく知ってから選ぶことはとても大切です。

①棚式・ロッカー式の納骨堂
いいお墓 納骨堂

画像:実相寺じっそうじ 青山霊廟あおやまれいびょう

棚式・ロッカー式のメリット

  • とにかく費用が安い(30~100万円)。
  • 個別のスペースがあるので、ご遺骨を身近に感じやすい。
棚式・ロッカー式のデメリット

  • お供えものを置くスペースがない。
  • コインロッカーや銭湯などの棚を連想する人もいる。
いいお墓

<ここがポイント!>

ロッカー式の納骨堂は納骨数も多いため空きがあることも多く、比較的入りやすい納骨堂と言われているみたいです。

納骨堂を探すならコチラ:いいお墓 納骨堂特集

 

②仏壇式納骨堂
いいお墓 納骨堂

 

画像:釈迦寺小室しゃかじこむろ 大納骨堂だいのうこつどう

仏壇式のメリット

  • 見栄えが良く立派なものが多い。
  • 安置スペースが広いので一般墓と変わらない使い方ができる。
  • 遺影やお花を飾ることができる。
仏壇式のデメリット

  • 納骨堂としてはやや高額

いいお墓<ここがポイント!>

仏壇式納骨堂は見栄えが良いため好まれやすく、管理や立地の面で納骨堂を選ぶけれども、あまり簡素であったり質素なのは……という方にぜひおすすめです。

納骨堂を探すならコチラ:いいお墓 納骨堂特集

 

③お墓式納骨堂
いいお墓 納骨堂

画像:大須陵苑おおすりょうえん

お墓式のメリット

  • 一般墓と変わらないお墓を室内で扱うことができる。
  • 天候に左右されず普通のお墓参りをすることが可能。
  • 家族で承継することも可能なことが多い。
お墓式のデメリット

  • 建物が崩壊すると遺骨が失われる可能性がある。

いいお墓<ここがポイント!>

こちらは一般墓が屋内に立っているもの。そのため従来のお墓参りのイメージを壊すことなく扱えるのが良いですね。

納骨堂を探すならコチラ:いいお墓 納骨堂特集

 

④ペットと一緒に入れる納骨堂
いいお墓 納骨堂

画像:経堂 ゆいの御廟ごびょう

ペット可のメリット

  • ペットのお骨と一緒に眠ることができる
  • 専用のケージに入れてペットも一緒にお参りができる
  • 屋内なので天候に影響されない
ペット可のデメリット

  • 全ての納骨堂でペット可の訳ではない(都内でも3箇所あるかどうか)
  • 親族によってはペットと合葬することを理解されにくい

いいお墓<ここがポイント!>

何と言ってもペットと一緒に眠れること!生前10数年を共にした家族を、死後も路頭に迷わせず一緒に眠ることができるのは大きな安心感を与えてくれるでしょう。

ペット化の墓地を探すならコチラ:いいお墓 ペット特集

永代供養墓地と納骨堂を比較してみた!

いいお墓 比較

納骨堂と永代供養墓の違いっていちいち語られても分かりにくいですよね!

なので一覧にしてしまいました!これで解決!

永代供養墓 納骨堂
一般墓に比べた費用 安い 安い
管理費用 基本的に有
契約期間 永代(管理団体の存続中) 一定期間(1,5,10年ごとなど)に更新
承継の有無 基本的に無(承継も可) 基本的に無(承継も可)
室内・屋外 屋外 室内
墓石の有無
アクセスの良さ  △(場所による) ◎(基本的に良好)
その他
  • 最終的には共同墓(合葬)になる
  • 管理・供養する必要が無い
  • 宗旨・宗派不問が多い
  • 種類が多い(仏壇式・ロッカー式など)
  • お墓参りの方法が独特(線香があげられないことも)

こんな人は納骨堂を選ぼう!3つのポイント

以下の3つに当てはまる人は納骨堂が最適です。

  • 他人と合葬されるのには抵抗がある
  • 墓石の有無にこだわりが無く、費用を低く抑えたい
  • アクセスが良い、室内、何時でも行ける所が良い

また、納骨堂を一時的な遺骨安置所と思っている方も少なくないですが、今では永代墓地として機能している納骨堂も珍しくありません。

継承者がいないことが基本的な前提ではありますが、もちろん代々のお墓として継いでいくことも可能なので、この3つ以外は想像以上に自由度が高いと思ってもらえるかと思います。

逆に言えば、他人と合葬されることに抵抗が無かったり、墓石がある方が望ましいと思う方は永代供養墓をおすすめします。

【いいお墓】永代供養墓とは?おすすめ3選を紹介!

納骨堂を選ぶならここがポイント

納骨堂を選ぶなら次の項目を必ず確認するようにしましょう。

  1. 宗旨や宗派に制限があるかどうか
  2. 期間ごとの契約か、永代収蔵の契約か
    1. (期間ごとの場合)契約の更新はできるか
    2. (永代収蔵の場合)承継することはできるか
  3. 納める遺骨の数に制限があるかどうか
  4. お参りの方法はどのようになっているか

納骨堂のお参りやお供えはどんな感じ?

一般的なお墓と違って、墓石が無いことも多い納骨堂のお参り。いわゆるお墓参りと違って新たに用意しなければならないものは基本的にありませんが、マナーや服装など気になる要素を確認しておきましょう。

納骨堂のお参りで気をつけたい4つのポイント

いいお墓 ポイント

①事前予約が必要かどうかの確認

まず何よりも確認しておきたいのが、お参りの際に予約が必要かどうかです。これは納骨堂によって異なります。

最近では24時間営業なんて納骨堂も出てきましたが、失礼の無いように確認してから向かいましょう。

いいお墓 ポイント

②読経するときは声の大きさに気をつけて

納骨堂のメリットにもなるのが、宗教・宗旨不問という要素。つまり色々な宗教の人や同じ仏教でも違う宗旨の方がすぐ隣にいる可能性があるのです。

そのため、読経をする際は自然な範囲で小さめに、周りに配慮して行えると良いでしょう。多くの人が参拝するからこその気配りですね。

いいお墓 ポイント

③お供え物ルールは要確認、持ち物・服装はラフでOK!

お供え物のルールは千差万別。生花が完全NGのところもあれば、生花はまとめて一箇所に、造花は各墓地でOKという納骨堂もあります。また、なまものは持ち帰るのが一般的です。

また、納骨堂の場合は不要になる物(墓洗いキットなど)はあっても、必要になるものは特にありません。強いていうならば屋内の場合、スリッパや靴下があると良いですね。

いいお墓 ポイント

④お寺の場合は本堂→故人の順番で手を合わせよう

納骨堂の管理者は確認していますか?もしお寺が管理する納骨堂であった場合、先に本堂にお参りをしてから故人のお墓参りをするのがベターでしょう。

まとめ

納骨堂は一般墓に比べてはるかに費用が控えられること、今は一時的な遺骨安置所ではなく、きちんとお墓の役割を確立しており、契約によっては代々受け継ぐお墓にすることも可能だということが伝わったでしょうか?

比較的新しいお墓の形態だからといって納骨堂を選ばないのはとても勿体ないことです。これを機に納骨堂もあなたの死後のお家として、ぜひご検討ください。

ここまでご覧いただきありがとうございました。