【葬儀費用】相場は195万!おすすめ格安葬儀社ランキング2選!≪平均90%オフ≫

目次

≪葬儀で失敗しないために≫正しい費用の知識と格安葬儀社を押さえましょう

(50代前半/男性)
葬儀の費用はすごく高いと聞くけど、実際の相場はいくらなの?

あと、できるだけお金をかけたくないから、一番安い葬儀社を教えてほしい。

日本消費者協会が2017年に行った「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書」によると、葬儀について知りたいことの1位は、「葬儀費用について(51.6%)」でした。

また、「第3回お葬式に関する全国調査|いい葬儀(2017年)」においても、「葬儀社選びで不安だったこと」の1位は「葬儀の価格水準」についてでした。

↓↓「葬儀の価格、追加費用」などお金に関して不安を感じている人は72%!↓↓

小さなお葬式 口コミ 評判

出典:「第3回お葬式に関する全国調査|いい葬儀(2017年)」

つまり、多くの人が「葬儀費用の相場・追加料金」について、何かしらの悩みを抱えているということです。

あなたが悪徳業者に騙されないで、葬儀を成功させるには正しい費用の知識と格安葬儀社を押さえることが必要です。

この記事では、葬儀を執り行う人が1番知りたい「葬儀費用の相場・内訳・料金を安くする方法」について徹底的にまとめていきます。

これから身内の葬儀を執り行う方、葬儀費用を少しでも安くしたいと思っている人はぜひ最後までご一読ください。

この記事を読んでわかること
  • 葬儀費用の相場
  • 葬儀費用の内訳
  • 葬儀費用を安くする方法

≪全ての葬儀スタイル≫費用の相場は平均200万円

葬儀 費用 相場 平均

日本消費者協会が2017年に行った調査では、葬儀を行う人の2人に1人が葬儀費用について知りたいと回答しています。

(50代前半/男性)
葬儀にかかる費用はいくらなのか知りたい・・・。

これから葬儀を行う人なら、誰でも費用の相場は気になりますよね。

「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書|日本消費者協会(2017年)」によると、葬儀費用の相場は195.7万円です。

このうち、祭壇・葬儀当日の運営費などで構成される葬儀一式費用が121.4万円、棺・料理代などで構成される飲食接待費が30.6万円、お布施代で構成される寺院費用が47.3万円となっています。

これに対して、くらしの友が定期的に実施している「インターネットによるランダム調査」では、2015年の1都3県の葬儀費用の平均は212万1,000円でした。

2つのデータをもとに考えると、葬儀費用の相場は200万円前後ということになりますね。

↓↓葬儀を行う人の2人に1人が葬儀費用について知りたいと回答!↓↓

葬儀 費用 相場

【出典】「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書」|日本消費者協会

↓↓葬儀費用の相場は平均195万円!(日本消費者協会調べ)↓↓

葬儀費用の相場 「日本消費者協会」調べ
回数 実施年数 葬儀費用 各内訳 項目ごとの金額
第11回 2017年 195.7万円 ①葬儀一式費用(祭壇・葬儀当日の運営費など) 121.4万円
②飲食接待費(料理・飲料代など) 30.6万円
③寺院費用(お布施代) 47.3万円

※出典:日本消費者協会「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書」

↓↓葬儀費用の相場は平均212万円!(「くらしの友」調べ)↓↓

葬儀費用の相場 「くらしの友」調べ
葬儀費用総額:212.1万円
葬儀用品一式:125.0万円 会葬者への接待費:39.8万円 寺院費用(お布施代):47.3万円

【出典】「インターネットによるランダム調査」くらしの友」(2015年)

≪一般葬≫葬儀費用の相場は平均150万円

葬儀 費用 相場 平均

『第3回「お葬式に関する全国調査」|鎌倉新書(2017年)』によると、一般葬の相場の平均は約150万でした。

また、最も多い価格帯は100万円〜120万円となっています。

↓↓≪一般葬≫葬儀費用の相場は平均150万円!↓↓

葬儀の種類 全国平均 もっとも多い価格帯
一般葬 1,459,091円 100万円以上~120万円未満

【出典】『第3回「お葬式に関する全国調査」|鎌倉新書(2017年)』

≪家族葬≫葬儀費用の相場は平均91万〜112万円

葬儀 費用 相場 平均

『第3回「お葬式に関する全国調査」|鎌倉新書(2017年)』によると、家族葬の相場の平均は約91〜112万でした。

また、最も多い価格帯は80〜100万円となっています。

↓↓≪家族葬≫葬儀費用の相場は平均91万〜112万円!↓↓

葬儀の種類 全国平均 もっとも多い価格帯
家族葬 911,544円 80万円以上~100万円未満

【出典】『第3回「お葬式に関する全国調査」|鎌倉新書(2017年)』

【家族葬】葬式費用の相場は112万円!平均50%オフの格安葬儀社≪2018年≫

2018.05.31

≪一日葬≫葬儀費用の相場は平均64万円

葬儀 費用 相場 平均

『第3回「お葬式に関する全国調査」|鎌倉新書(2017年)』によると、一日葬の相場の平均は約64万でした。

また、最も多い価格帯は40〜60万円となっています。

↓↓≪一日葬≫葬儀費用の相場は平均64万円!↓↓

葬儀の種類 全国平均 もっとも多い価格帯
一日葬 639,773円 40万円以上~60万円未満

【出典】『第3回「お葬式に関する全国調査」|鎌倉新書(2017年)』

≪直葬(火葬式)≫費用の相場は平均20万〜40万円

葬儀 費用 相場 平均

『第3回「お葬式に関する全国調査」|鎌倉新書(2017年)』の中に、直葬(火葬式)の相場の平均に関するデータはありませんでした。

しかし、最も多い価格帯が20〜40万円であることから、相場に関しても平均20〜40万円であると思われます。

↓↓≪直葬(火葬式)≫費用の相場は平均20万〜40万円!↓↓

葬儀の種類 全国平均 もっとも多い価格帯
直葬(火葬式) -円 20万円以上~40万円未満

【出典】『第3回「お葬式に関する全国調査」|鎌倉新書(2017年)』

≪まとめ≫費用の相場は最安20万円、最高195万円

葬儀 費用 相場 平均

『第3回「お葬式に関する全国調査」|鎌倉新書(2017年)』によると、葬儀費用の相場が最も低いのは直葬(火葬式)の20万円でした。

対して、「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書|日本消費者協会(2017年)」によると、葬儀費用の相場が最も高いのは195万円でした。

一般葬や家族葬などの葬儀形式によって相場は大きく変わりますが、価格帯の幅としては最安20万円、最高195万円程度と考えられます。

↓↓≪まとめ≫葬儀費用の相場は最安20万円、最高195万円!↓↓

「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書|日本消費者協会(2017年)」  『第3回「お葬式に関する全国調査」|鎌倉新書(2017年)』
葬儀費用の相場の平均 葬儀の種類 全国平均 もっとも多い価格帯
195,7万円 一般葬 1,459,091円 100万円以上~120万円未満
家族葬 911,544円 80万円以上~100万円未満
一日葬 639,773円 40万円以上~60万円未満
直葬(火葬式) -円 20万円以上~40万円未満

【出典】『第3回「お葬式に関する全国調査」|鎌倉新書(2017年)』

【出典】日本消費者協会「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書」

【2018年】葬儀費用が相場よりも安い!平均90%オフのおすすめ格安葬儀社ランキング2選!

葬儀 費用 相場 平均

葬儀費用を相場よりも安くする1番の方法は、とにかく安いプランを提供している葬儀社を選ぶことです。

しかし、いくら基本価格が安くても追加料金が発生してしまう業者にお願いするのは得策ではありません。

そこで、ここからは葬儀費用を少しでも節約したい方のために、追加料金一切なしの定額プランを提供している「よりそうのお葬式(旧 シンプルなお葬式)」「小さなお葬式」の2社をご紹介します。

どちらの葬儀社も、比較的安価な直葬(火葬式)ならば、相場の90%オフの費用で葬儀を行うことができます。

葬儀費用が1番安い業者はどこ?

このような方には、業界初の定額制の葬儀プランを提供して話題を呼んだ「よりそうのお葬式(旧 シンプルなお葬式)」「小さなお葬式」の2社がおすすめです!

葬儀社・葬儀屋 費用 口コミ評価 実績
よりそうのお葬式

【1位】よりそうのお葬式

◎  ◎ 
小さなお葬式

【2位】小さなお葬式

≪葬儀費用 最安1位≫ よりそうのお葬式(旧 シンプルなお葬式) ≪直葬(火葬式)なら相場の90%オフ!≫

よりそうのお葬式(旧 シンプルなお葬式)の3つの特徴!

最安12.8万円で葬儀を行うことができます!

②NHK、週刊東洋経済など多数のメディアで紹介!

③追加費用一切なしの定額プランが全部で5種類!

葬儀費用

葬儀プラン① シンプルな直葬:128,000円(税込)
葬儀プラン② 火葬式:148,000円(税込)
葬儀プラン③ 一日葬:278,000円(税込)
葬儀プラン④ 家族葬:398,000円(税込)
葬儀プラン⑤ 一般葬:498,000円(税込)

会社概要

運営会社 株式会社よりそう(旧 株式会社みんれび)
設立・従業員数 2009年3月設立・従業員数未公開
ビジネスモデル 定額仲介サービス
実績 日経MJ、週間エコノミストなど多数メディアに掲載
サポート 24時間365日対応

口コミ①

ギャップはありませんでした。葬儀は本当にシンプルでしたが、不満を感じることありませんでした。とても良かったです。母のお化粧もお願いしたのですが、来ていただいたスタッフの方は、1つ1つ丁寧に説明してくださり、とても心を感じました。葬儀社の方には死亡診断書の手続きなどもいろいろ丁寧に教えていただきありがたかったです。

★★★★★ 5.0

出典:よりそうのお葬式(旧 シンプルなお葬式)

口コミ②

インターネットで行きついたものでしたから不安もありましたが、葬儀社の担当者はとてもよくしてくれ、ネット上で紹介されていた通りの内容に非常に満足しました。料金にも納得しています。ありがとうございました。
これからも、何かの折にはうちは「シンプルなお葬式」を使いたいと思いますし、兄など親戚にも進めたいと思います。

★★★★★ 5.0

出典:よりそうのお葬式(旧 シンプルなお葬式)

口コミ③

とっても頼りになって、もう絶賛(笑)。深夜12時を回っていたにも関わらず、きちんとした格好で迎えに来ていただいて。遺体はその日1日、葬儀社に安置していただいたのですが、その間に湯かんはしていただいていました。土曜日に遺体を斎場に移すとき、夫の兄弟が会いに行く言うので、浴衣のままだったらどうしようと思っていましたが、もうすっかりキレイにしてもらっていました。 それに、葬儀は想像以上に立派でした。

★★★★★ 5.0

出典:よりそうのお葬式(旧 シンプルなお葬式)

≪葬儀費用 最安2位≫ 小さなお葬式 ≪直葬(火葬式)なら相場の90%オフ!≫

小さなお葬式

「小さなお葬式」の3つの特徴!

①人気の家族葬が追加料金不要で14万円から!

②葬儀受注件数No.1!累計受注数15万件突破の圧倒的実績!

③お客様満足度93.4%!9割以上の方が「知人に紹介したい」と回答!

葬儀費用

葬儀プラン① 小さなお別れ葬:140,000円(税込)
葬儀プラン② 小さな火葬式:188,000円(税込)
葬儀プラン③ 小さな一日葬:338,000円(税込)
葬儀プラン④ 小さな家族葬:488,000円(税込)
葬儀プラン⑤ 100名までのお葬式:638,000円(税込)

会社概要

運営会社 株式会社ユニクエスト・オンライン
設立・従業員数 2006年設立・従業員150人
ビジネスモデル 定額仲介サービス
実績 2017年度葬儀受注件数全国1位(累計15万件突破)
サポート 24時間365日対応

口コミ①

大晦日でしたが、「小さなお葬式」のウェブサイトには「24時間365日」とあったので、電話で問い合わせをしました。その後折り返し連絡いただいた担当者の方の、対応がすごく良かったのです。お葬式の流れから費用、参列者への案内の仕方、病院から遺体を引き取っていただく段取り、素朴な疑問に至るまで、丁寧に答えてくれました。

★★★★★ 5.0

出典:小さなお葬式

口コミ②

納骨や四十九日法要の前にも、お電話で細やかなサポートを受けられたおかげで、余裕をもって準備できました。同じ年に大切な人2人も亡くしてしまいましたが、それでも満足のいく形で見送ることができたのは、「小さなお葬式」のおかげです。本当にありがとうございました。

★★★★★ 5.0

出典:小さなお葬式

口コミ③

もともと質素な葬儀でいいと思っていましたが、インターネットに「(一般的に葬儀は)最終的に多額を請求される」などといったリアルな意見があるのを見て、少しだけ不安に思っていました。でも、「小さなお葬式」はそうじゃなかった。棺のサイズをはじめ、詳細をしっかりと詰めたうえでハッキリとした価格を提示されたので、不安も解消されました。むしろ「このプランではこれ以上の上乗せはできません」と断られたほど。とにかく明確でしたね。

★★★★★ 5.0

出典:小さなお葬式

神道・神式葬儀(神葬祭)の費用の相場はいくら?

葬儀 費用 相場 平均

「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書|日本消費者協会(2017年)」によると、日本人が行う葬儀の中で神道・神式葬儀(神葬祭)の割合はたったの2.3%でした。

とはいえ、宗教上の理由から神道・神式葬儀(神葬祭)を検討している人からすると、費用相場に関しても知っておきたいと思うはず。

神道・神式葬儀(神葬祭)の費用相場に関して詳しく知りたい方は、下記の関連記事をご覧ください。

神道・神式の葬儀費用はいくら?神葬祭のプランを10社分徹底比較!

2018.05.10

葬儀費用でお布施の相場は平均47万円

葬儀 費用 相場 平均

「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書|日本消費者協会(2017年)」によると、お布施代の相場は平均47.3万となっています。

また、お布施に関してもっと詳しく知りたいという方は下記の関連記事も合わせてご覧ください。

↓↓葬儀費用でお布施の相場は平均47万円!↓↓

葬儀費用でお布施の相場の平均(「日本消費者協会」調べ)
回数 実施年数 葬儀費用 各内訳 項目ごとの金額
第11回 2017年 195.7万円 寺院費用(お布施代) 47.3万円

※出典:日本消費者協会「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書」

お布施の金額相場は約47万円!費用を5万円にするたった一つの方法とは?

2018.04.23

葬儀費用の内訳はどうなっている?

葬儀 費用 内訳
40代後半/女性
葬儀費用の相場が高いのはわかった。

でも、どこにそんなにお金がかかっているの?

具体的な内訳を教えてほしい。

葬儀費用の相場は約200万円ですが、一体どこにそれだけのお金がかかっているのか気になりますよね。

ここからは、葬儀費用の内訳について徹底的にまとめていきます。

≪大きく分けると≫ 葬儀費用の内訳の数は3つ

葬儀 費用 内訳

葬儀費用は大きく分けると、「葬儀一式費用」「飲食接待費」「寺院費用(お布施代)」の3つに分かれます。

葬儀一式費用は、祭壇や葬儀当日の運営費・人件費などです。

飲食接待費は、通夜の後の通夜振る舞いや、火葬の後の精進落とし、そして飲料代などが含まれています。

最後に、寺院費用とは葬儀の際にお坊さんが読んでくれたお経へのお礼代である「読経料」など、お布施代のことを指します。

それぞれの費用相場ですが、「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書|日本消費者協会(2017年)」によると、「葬儀一式費用:121.4万円」「飲食接待費:30.6万円」「寺院費用(お布施代):47.3万円」となっています。

↓↓≪大きく分けると≫ 葬儀費用の内訳の数は3つ↓↓

葬儀費用の相場 「日本消費者協会」調べ
回数 実施年数 葬儀費用 各内訳 項目ごとの金額
第11回 2017年 195.7万円 ①葬儀一式費用(祭壇・葬儀当日の運営費など) 121.4万円
②飲食接待費(料理・飲料代など) 30.6万円
③寺院費用(お布施代) 47.3万円

※出典:日本消費者協会「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書」

≪小さく分けると≫ 葬儀費用の内訳の数は20以上

葬儀 費用 内訳

葬儀費用は細かく見ると。20以上にも分けることができます。

棺や祭壇を飾る花、会場の使用料、病院から安置施設までの寝台車の料金など、内容は本当に様々です。

下記に内訳と費用の一例を掲載しておきますので、参考にしてみてください。

↓↓≪小さく分けると≫ 葬儀費用の内訳の数は20以上↓↓

祭壇 白木祭壇 250,000円 消臭関係 なし 0円
祭壇花 なし 0円 骨壺 骨壺セット(白) 8,000円
親族一同花 ご一般単価 30,000円  御棺  桐平棺  50,000円
遺影 カラー写真用黒額 30,000円 湯灌ゆかんorエンバーミング  なし  0円
エンゼルフラワー なし 0円 ドライアイス  20kg 17,000円
御棺 桐平棺 50,000円  仏衣  なし  0円
お車関係 お礼状
寝台車 あり 12,230円 通夜礼状 50枚セット 7,500円
霊柩車 C級ランク 29,480円
出棺バス なし 0円 会葬礼状 50枚セット 7,500円
骨上バス なし 0円
粗供養
通夜供養 なし 0円
当日供養 なし 0円
会館使用料関係 その他ご注文関係
駐車場誘導整備料 ご一般単価 20,000円  記録写真  なし  0円
光熱費 ご一般単価 40,000円  焼香セット  あり  0円
会館使用料 ご一般単価 110,000円  枕飾り  あり  30,000円
霊安室使用料 ご一般単価 40,000円  祭壇用供物 あり

 6,000円
初七日法要席料 なし 0円
諸費用
設営費 1口 30,000円

葬儀費用の相場〜葬儀社の見積書から検証〜

葬儀 費用 相場

「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書|日本消費者協会」によると、最初に見積もり金額等の説明を受けていた639名は、実際に支払った金額と見積もり金額との差について、以下のように回答しています。

  • 見積もり通りだった:43.5%
  • ほとんど同じだった:41.3%

【出典】「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書」|日本消費者協会

ネットでよく目にする「見積もり金額よりも多かった」という声は圧倒的に少数派で、実際には葬儀社との話し合いの中で予算がつかめているということが読み取れます。

また、アンケート回答者の多くは1〜2割の費用の割り増しの原因が、会葬者・参列者が予想以上に多かったなどの理由を述べています。

これらより、「会葬者・参列者の人数を正しく伝えれば、葬儀費用は葬儀社の提示する見積もり金額とほぼ同じになる」ということが分かります。

では、見積もり金額はいくらぐらいになるでしょうか?

実際に葬儀社から提示された見積金額を比較してみました。

【葬儀社の見積もり書まとめ】
葬儀社 葬儀費用の見積もり書

※下記ボタンをクリックすると、見積もり書をご覧いただけます。

葬儀費用(寺院費用なし) 葬儀費用(寺院費用込み)
公益社

公益社

1,088,556円 左の費用に+47.3万円
花葬儀

花葬儀

ご自宅安置用見積もり

施設安置用見積もり

ご自宅安置用見積もり

863,300円〜906,500円

施設安置用見積もり

871,400円〜914,600円

 

左の費用に+47.3万円

 

神奈川こすもす

神奈川こすもす

ご自宅安置用見積もり

施設安置用見積もり

ご自宅安置用見積もり

688,266円

施設安置用見積もり

688,066円

 

左の費用に+47.3万円

見積もり書を見ると、先ほどの「葬儀費用の相場:200万円前後」よりもはるかに安い点に気づくと思います。

しかし、ここで1つ注意が必要です。

一般的に見積もり書には寺院費用(お布施代)が入っていません。

葬儀社から提示される金額は、葬儀一式費用(祭壇・葬儀当日の運営費)と飲食接待費(料理・飲料代)のみの金額となっています。

よって、実際の葬儀費用は「見積もり書の金額+47.3万円 」ぐらいになるでしょう。

※比較の条件をそろえるために、寺院費用(お布施代)を47.3万円としています。

【葬儀費用の相場|見積もり書】

100万円〜150万円

ここまでの情報をまとめますと以下のようになります。

【葬儀費用の相場まとめ】
調査機関・葬儀社 葬儀費用の相場
①調査データ 日本消費者協会 195.7万円
くらしの友 212.1万円
②葬儀社の見積もり金額

 

 

公益社

公益社

1,088,556円+47.3万円
花葬儀

花葬儀

 

ご自宅安置用見積もり

「863,300円〜906,500円」

+47.3万円

施設安置用見積もり

「871,400円〜914,600円」

+47.3万円

神奈川こすもす

神奈川こすもす

 

ご自宅安置用見積もり

688,266円

+47.3万円

施設安置用見積もり

688,066円

+47.3万円

葬儀費用の相場 差額
調査データ 200万円前後 50万円〜100万円
見積もり書 100万円〜150万円前後

調査の結果と消費者の実感値とで、随分と差額があるということが読み取れますね。

ここからは、この問題が発生している原因について解説していきます。

なぜ、公開されている葬儀費用の相場はあてにならない?

葬儀 費用 相場

「葬儀社が提示する見積もり金額」と「実際の葬儀費用」が大幅に違うことは滅多にありません。

しかし、ネットで公開されている「葬儀費用の平均:200万円前後」と、「実際の葬儀費用」が大幅に違うことは多々あります。

なぜ、このようなことが起きるのでしょうか?

その原因は3つあります。

そもそも調査の方法がおかしいから

参列者の人数・葬儀会場・利用するサービスなどによって、葬儀費用は大きく変わります。

調査機関が行なっている調査は、これらの要因を無視しているため結果に偏りが出ているのです。

葬儀費用の調査方法の問題について詳しく知りたい方は、下記の関連記事も合わせてご覧ください。

【2018年】葬儀費用の平均は本当に195.7万円!?いいえ、正しく葬儀社を選べば50万円もかかりません!

2018.04.27

わざと葬儀費用の相場が高い結果だけを公開しているから

葬儀 費用 相場

例えば、ブライダル業界では公開する相場をわざと高く設定して、相対的に安く見える自社の料金プランを魅力的に思わせる手法がまかり通ってます。

同じような価格差手法が行われていることによって、公開されている葬儀費用の相場が高くなっている可能性があるのです。

葬儀の形式が多様になってきたから

おそらく、これが最も大きな要因でしょう。

最近は、下記のような昔では考えられない葬儀の形式が増えてきました。

  • 通夜・告別式を行わずに火葬だけを行う「直葬・火葬式」
  • お墓を作らないで、自然に還す「樹木葬」
  • 遺骨をロケットに乗せて、宇宙空間に埋葬する「宇宙葬」

昔ながらの「一般葬」を選ぶ人と「それ以外」を選ぶ人とでは、葬儀費用が大幅に変わってしまいます。

葬儀の形式が多様になってきたことによって、「葬儀費用の相場は〇〇円である」と一概に言えなくなってきているのです。

まとめ

葬儀 費用 相場

長くなりましたが、今回抑えておきたいポイントは1つだけです。

「会葬者・参列者の人数を正しく伝えれば、葬儀費用は葬儀社の提示する見積もり金額とほぼ同じになる」

葬儀費用は、葬儀形式・参列者の人数・葬儀会場によって変わってしまうので、「実際にいくらかかるのか」は見積もり書をもらうまで分かりません。

とはいえ、葬儀社は全国にたくさんあるので、片っ端から見積もりを依頼していてはいつまでたっても葬儀の手続きに取りかかれません。

そこで今回、多種多様な葬儀プランを提供していて、評判も高い優良葬儀社を5つご紹介します。

日本消費者協会が2017年に行った「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書」によると、葬儀社に見積書の提示を願い出た人の割合は61.7%にも上ります。

まずは、各葬儀社に資料請求を行なって、葬儀費用を比較してみてください。

おすすめの葬儀社2選!

葬儀社 料金システム

よりそうのお葬式

よりそうお葬式

葬儀費用の全国平均:1,957,000円に対して・・・

家族葬:278,000円〜398,000円

という圧倒的な低価格プランを提示しています。

「葬儀費用をとにかく安くしたい!」

という方はまずはお気軽に資料請求をしてみて下さい。

資料請求をすることで、「5,000円割引」の特典が得られます!

小さなお葬式

小さなお葬式

葬儀費用の全国平均:1,957,000円に対して・・・

家族葬:338,000円〜488,000円

近年、コストと手間を抑えた「小さなお葬式」が流行っています。

葬儀費用をとにかく安くしたい!

という方はまずはお気軽に資料請求をしてみて下さい。

資料請求をすることで、「5,000円割引」の特典が得られます!

おすすめの葬儀費用一括見積もりサービス2選!

葬儀一括見積もりサービス 特徴
葬儀レビ

葬儀レビ

最大10社から葬儀費用の見積書をもらえます!

業界最大規模の葬儀一括見積もりサービスです。

・全国400社の中から費用を比較できる

・お急ぎの方も安心。24時間365日のいつでも10分で対応!

・利用料完全無料!

複数の葬儀社を比較して、最安を見つけたい方はこちらからどうぞ。

いい葬儀

いい葬儀

最大3社から見積書をもらうことができます!

・通話料金は当然無料!

・24時間365日いつでも対応可能!

・豊富な口コミ情報でしっかりと比較できる!

複数の葬儀社を比較して、最安を見つけたい方はこちらからどうぞ。

葬儀に関して知りたいこと11選 関連記事
①平均 葬儀費用→「×195.7万円○50万円未満!」
②内訳 【徹底解説】葬儀社の見積もり書5枚掲載!
③相場(神道) 【10社の価格比較】神道葬儀の相場は?
④負担 【誰がいくら負担?】減らす方法も全公開!
⑤お布施 【5人に1人しか知らない】お布施の相場は?
⑥相続財産 【まとめ】葬儀費用は相続財産から支払えます
⑦控除 【まとめ】控除の注意点・手順など一挙公開!
⑧相続税 【早見表あり】あなたの相続税はこれだけ減らせます!
⑨確定申告 【4ヶ月以内にしないとやばい!】準確定申告について
⑩保険 【準備万端】葬儀保険に加入するメリット・デメリットまとめました