【家族葬】葬式費用の平均相場は?葬儀社11社を徹底比較≪2018年≫

目次

ABOUTこの記事をかいた人

24歳の終活カウンセラー。Amazonで終活関係の本を20冊以上購入し、電車の中で毎日読む生活を4ヶ月以上継続中。最近はまっている趣味は「マインドフルネス(瞑想)」。人生に疲れたら、お寺に行って座禅修行する予定。

    約4割の人が「低価格&負担が少ない」家族葬を選んでいます

    第3回お葬式に関する全国調査|鎌倉新書(2017年)」によると、「家族葬」を行う人の割合は約4割です。

    しかし、これだけ人気があるにも関わらず、家族葬の本当の費用相場は知られていないのが現状です。

    (50代前半/男性)
    参列者が少ない家族葬を検討している。

    でも、家族葬の費用相場がわからなくて困っている・・・。

    現在、このような悩みや不安を抱えている人がたくさんいます。

    それは、「葬儀社選びで不安だったこと」の1位が「葬儀の価格水準:72%」という結果になったことからも明らかです。

    →(出典:「第3回お葬式に関する全国調査|鎌倉新書(2017年)」)

    ↓↓「葬儀の価格、追加費用」などお金に関して不安を感じている人は72%!↓↓

    小さなお葬式 口コミ 評判

    出典:「第3回お葬式に関する全国調査|いい葬儀(2017年)」

    そこで、この記事では家族葬の費用相場について徹底的にまとめていきます。

    「家族葬を検討している人」や「葬式費用の正しい相場について知りたい人」は、ぜひ最後までご一読ください。

    この記事を読んでわかること
    • 家族葬の費用相場
    • 葬式費用の内訳
    • ≪徹底比較≫葬儀社11社の家族葬費用
    • 家族葬の費用を安くする4つの方法

    家族葬とは

    家族葬 とは

    近年では、家族葬という言葉が有名になり、家族や自分の葬儀でこの葬儀スタイルを選択する人が増えてきました。

    家族葬とは、「家族や親しい友人で故人を見送る小規模な葬儀」の総称です。

    例えば、子や孫などの身内だけでシンプルに行う葬儀や、親族だけでなく、少数の故人の友人にも参列してもらう葬儀が「家族葬」にあたります。

    家族葬の特徴

    • 一般的な葬儀よりも、はるかに参列者が少ない
    • 身内だけで行うか、故人と親しかった一部の友人のみに訃報を知らせて行う
    • 葬儀が小規模になるので、一般葬よりも費用を抑えられることが多い

    家族葬の流れ

    家族葬の基本的な流れは以下のようになっています。

    流れ自体は一般的な葬儀と同じですが、参列する人の人数が違うという特徴があります。

    家族葬の流れ

    1. 遺体の搬送・安置
    2. 納棺
    3. 通夜式
    4. 告別式
    5. 式中初七日
    6. 出棺
    7. 火葬

    家族葬のサービス・プラン内容

    家族葬の基本的なプランは以下の通りです。

    葬儀社によっては、「葬儀場利用料」「火葬料金」などが入っていないことがありますので注意しましょう。

    家族葬のサービス・プラン内容

    葬儀の流れ 内容
    搬送・ご安置 寝台車
    ドライアイス
    枕飾り一式
    安置料金
    納棺
    仏衣一式
    棺用布団
    役所手続き代行
    お通夜・告別式・初七日 寝台車
    葬儀場利用料
    祭壇
    遺影写真
    受付セット
    司会スタッフ
    運営スタッフ
    式中初七日
    白木位牌
    火葬 寝台車
    火葬料金
    骨壷・骨箱
    自宅飾り一式
    会葬礼状

    ≪一般葬を含む≫葬式費用の相場は約195万円

    家族葬 費用 相場

    「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書|日本消費者協会」によると、葬式費用の相場は195.7万円となっています。

    しかし、これは家族葬以外の「一日葬」「一般葬」なども含んだ金額です。

    そこで、次の項目では家族葬のみにしぼった場合の葬式費用についてまとめていきます。

    ↓↓葬儀費用の相場は平均195万円!(日本消費者協会調べ)↓↓

    葬儀費用の相場 「日本消費者協会」調べ
    回数 実施年数 葬儀費用 各内訳 項目ごとの金額
    第11回 2017年 195.7万円 ①葬儀一式費用(祭壇・葬儀当日の運営費など) 121.4万円
    ②飲食接待費(料理・飲料代など) 30.6万円
    ③寺院費用(お布施代) 47.3万円

    ※出典:日本消費者協会「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書」

    ≪家族葬のみ≫葬式費用の相場は約112万円

    家族葬 費用 相場

    現在では、「葬儀費用をできるだけ抑えたい」「喪主の負担にならないように小規模に行いたい」といった様々なニーズに対応して、あらゆる形式の葬儀が行われています。

    ↓↓葬儀には様々な形式がある!↓↓

    一般葬 参列者を多く招いて、「通夜・告別式」を行う昔ながらの葬儀。費用はとても高い。
    一日葬 通夜を行わず、告別式だけで済ませる葬儀。参列者の人数は自然と少なくなり、葬儀費用も少し安め。
    家族葬 一般葬と同じで「通夜・告別式」を行うが、参列者を人数を10人〜30人程度に抑えた葬儀。費用も比較的安め。

    上で取り上げた「195.7万円」という費用は、全ての葬儀形式を含んだ相場となっています。

    (50代前半/男性)
    では、家族葬のみの費用相場はいくら?

    “費用が比較的安めな家族葬のみにしぼった場合、相場はいくらになるのか”は当然気になりますよね。

    家族葬の平均費用-月次推移|エンディングデータバンク(2018年)」によると、年間を通しての家族葬の平均費用は約112万円となっています。

    ここから、家族葬の費用相場が、全ての葬儀形式を含んだ相場よりも約83万円安いことが分かります。

    また、一般的に葬儀社は年末年始〜2月辺りが繁忙期と言われていますが、調査結果を見たところ、むしろ繁忙期の方が相場は低くなっています。

    これに対して、最も費用が高い時期は4月と10月で、それぞれの家族葬費用の相場は「1,179,360円(4月)」「1,178,138円(10月)」となりました。

    ↓↓家族葬の費用相場は約112万円!↓↓

    家族葬 費用

    出典:エンディングデータバンク

    ↓↓家族葬なら、一般的な費用相場よりも“約83万円”お得!↓↓

    葬式費用の相場 差額
    全ての葬儀形式 約195万円 約83万円
    家族葬 約112万円

    ↓↓家族葬の費用が高い時期は“4月”と“10月”!↓↓

    家族葬の平均推移
    1月 1,141,917円
    2月 1,055,046円
    3月 1,129,822円
    4月 1,178,138円
    5月 1,127,787円
    6月 1,069,006円
    7月 1,131,094円
    8月 1,130,725円
    9月 1,050,404円
    10月 1,179,360円
    11月 1,079,607円
    12月 1,124,301円

    出典:エンディングデータバンク

    【地域別】一都三県は平均相場より2万円安い

    家族葬 費用 相場

    家族葬の相場についてもっと詳しく見てみましょう。

    「家族葬の平均費用:一都三県別|エンディングデータバンク(2018年)」によると、東京・神奈川・埼玉・千葉の一都三県別で見た場合、家族葬の平均費用は110万円となっています。

    都市が多い首都圏は人口が集中している分、葬儀の回数が多かったり、葬儀形式に対するニーズの量が多かったりするので、格安な家族葬プランが豊富です。

    地方で有名な大手葬儀社よりもはるかに安い価格で家族葬を行なっている「小さなお葬式」などがシェアを獲得している分、首都圏は家族葬の相場が全国相場よりも低いのでしょう。

    ↓↓一都三県(110万円)に限り、全国相場(112万円)よりも安い!↓↓

    また、東京都には23区別の費用相場に関しての調査結果もありました。

    家族葬の平均費用を東京都23区別で見たところ、最も相場が高いのが墨田区で1,851,342円。

    逆に最も相場が低いのが北区で815,917円でした。

    ただし、調査対象の母数が掲載されていないので、正しいデータであるといえるかについては疑問が残ります。

    家族葬の費用が最安!小さなお葬式とは?≪相場から平均50%オフ≫

    40代後半/女性
    家族葬の費用をとにかく安くしたい。

    「小さなお葬式」は、このような人に人気です。

    家族葬の平均費用-月次推移|エンディングデータバンク(2018年)」によると、年間を通しての家族葬の費用相場は約112万円です。

    しかし、「小さなお葬式」なら家族葬の費用は「相場の50%オフである488,000円」しかかかりません。

    ↓↓家族葬の相場は、約112万円だが・・・↓↓

    家族葬 費用 相場

    出典:エンディングデータバンク

    ↓↓「小さなお葬式」の家族葬費用は、相場の半額以下!↓↓

    小さなお葬式 エンディングデータバンク(2018年)
    家族葬の費用 家族葬の相場
    493,000円  約112万円 
    筆者
    最安費用にこだわっている人には、小さなお葬式がおすすめです。

    さらに現在、資料請求を行うことで追加の5,000円割引が受けられるキャンペーンを実施中です。

    ▼こちらのリンクから資料請求を行うと、5,000円割引の特典が受けられるキャンペーン実施中です!▼

    小さなお葬式

    ≪「小さなお葬式」の実績≫

    • 2017年度 葬儀受注件数No. 1(TPCマーケティング調べ)
    • 葬儀実績15万件突破(2018年3月)
    • お客様満足度93.4%
    • 知人にも紹介したいと回答した人の割合は94.3%
    • 提携している式場は日本全国に4,000ヶ所以上

    葬式費用の内訳を知っていれば、家族葬はもっと安くなる

    家族葬 費用 平均

    数十万円〜数百万円もする葬儀費用ですが、どこにどれだけのお金がかかっているのかを知っている人は、実はかなり少ないです。

    細かい内訳を知っていれば、葬儀費用を安く抑えるために節約すべき項目があることに気づけます。

    一般的に葬儀費用は、以下の3つに分けることができます。

    葬式費用の内訳

    1. 葬儀一式費用
      • 祭壇・施設使用料・当日の運営費など
    2. 飲食接待費
      • 精進落とし・通夜振舞など各種飲食代・飲料代
    3. 寺院費用(お布施代)
      • 読経料・戒名料・お車代・御膳料といったお布施の代金

    なお、「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書|日本消費者協会(2017年)」によると、各項目の平均費用は①葬儀一式費用:121.4万円②飲食接待費:30.6万円③寺院費用(お布施代):47.3万円となっています。

    このうち、③寺院費用(お布施代)に関しては、格安&定額の僧侶手配サービス「てらくる」を利用することで、費用を「47,3万円→5万円」にすることができます。

    ↓↓「③寺院費用」は、格安&定額の僧侶手配サービス「てらくる」で5万円に減らせます!↓↓

    葬儀費用の相場 「日本消費者協会」調べ
    回数 実施年数 葬儀費用 各内訳 項目ごとの金額
    第11回 2017年 195.7万円 ①葬儀一式費用(祭壇・葬儀当日の運営費など) 121.4万円
    ②飲食接待費(料理・飲料代など) 30.6万円
    ③寺院費用(お布施代) 47.3万円

    ※出典:日本消費者協会「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書」

    家族葬の2つのメリット

    家族葬 メリット

    ①故人とのお別れの時間をしっかりと持つことができる

    家族葬の最大のメリットは、参列者が少ないため、家族だけでお別れの時間をしっかりと持てることにあります。

    一般葬だと喪主や遺族の負担が大きいため、故人に語りかけるような時間はありません。

    しかし、小規模な家族葬ならば、家族で故人との思い出を話し合い、自分の中で区切りをつけるための十分な時間が取れます。

    ②慣習にとらわれず、自由にプランを決められる

    家族葬は、「訃報を知らせる人数」「会場選び」などを自由に決めることができます。

    例えば、身内だけで静かに過ごしたいという希望があるなら、親族以外には訃報を知らせなくてもいいのです。

    また、故人は楽しいことが好きだったから、生前に好きだった音楽を流すといったことも可能です。

    このように、家族葬は葬式全体のことを比較的自由に決めることができます。

    よって、家族葬をする際には、何を優先したいのかを事前にはっきりと決めておきましょう。

    家族葬の2つのデメリット

    家族葬 費用 注意

    ①集まる香典の金額が一般葬よりも少ない

    「参列者の人数と頂く香典の金額」次第では、一般葬の方がお得な場合があります。

    それは、参列者の数が極端に多くて、頂く香典金額が200万円を超えるようなケースです。

    第3回お葬式に関する全国調査(2017年)|いい葬儀」によると、会葬者からの香典の合計金額は平均73万8,094円とあります。

    しかし、これは参列者の多い一般葬の場合で、家族葬だと最も割合の大きい「20万円未満」が会葬者からの香典の合計金額となるでしょう。

    また、参列者が極度に多い一般葬の場合は、香典の合計金額が200万円以上になる可能性もあります。

    つまり、平均費用が約112万円で香典が20万円未満の家族葬と、平均費用が約195万円で頂いた香典が200万円以上の一般葬だと、後者の方がお得になってしまうのです。

    ↓↓家族葬の場合、香典の合計金額は“20万円未満”!↓↓

    ↓↓小規模すぎる家族葬より、大規模な一般葬の方がお得かも?↓↓

    葬式費用の相場 香典の合計金額 実質の葬式費用
    一般葬 約195万円 200万円以上 0円
    家族葬 約112万円 20万円未満 〜約92万円

    ②葬式後に自宅まで弔問に来る人がいる

    家族葬をする際に訃報を知らせる人数が少ないと、後から個別に弔問に来る人が出て来るかもしれません。

    場合によっては、「どうして亡くなったことを知らせなかったのか」と詰め寄る人もいます。

    一人ひとり対応するのは骨が折れますので、家族葬で訃報を知らせる人の範囲は慎重に検討しましょう。

    【一般葬含む】お布施の費用相場は平均47万円

    家族葬 費用 相場 お布施

    「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書|日本消費者協会(2017年)」によると、お布施代の相場は平均47.3万となっています。

    この金額は家族葬だけでなく、一般葬・一日葬・火葬式(直葬)などの全ての葬式スタイルを含んだものとなっています。

    また、全国的に見ると最も安い地域は九州の29万円であり、逆に最も高いのは中部B地域の65万円となっています。

    ↓↓≪一般葬含む≫お布施の費用相場は平均47万円!↓↓

    地域 お布施代の平均相場
    全国平均 47万円
    北海道 33万円
    東北 60万円
    関東A 54万円
    関東B 50万円
    中部A 42万円
    中部B 65万円
    近畿 46万円
    中国 42万円
    四国 39万円
    九州 29万円

    出典:「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書|日本消費者協会(2017年)」

    お布施の金額相場とは?袋の書き方、渡し方、入れ方・包み方【徹底網羅】

    2018.04.23

    【家族葬のみ】お布施の費用相場の平均は不明

    家族葬 費用 相場 お布施

    先ほどの「お布施代の平均相場は47万円」という金額は、家族葬以外の葬式スタイルも含んだものでした。

    では、家族葬のみに限定すると、お布施代の平均相場はいくらなのでしょうか?

    調べてみたところ、現在「家族葬のみに限定したお布施代の平均相場」に関するデータは存在しませんでした。

    実は、お布施に包む金額は非常に曖昧であり、『「第一回お葬式に関する全国調査」アンケート|鎌倉新書(2013年11月)』でも、「お葬式で困ったこと」という質問では「心付けやお布施の額」が23.8%とトップになっています。

    40代後半/女性
    お布施代にいくら包めばいいのかで悩みたくない・・・。

    もし、あなたがこのような悩みを持っているのなら、「てらくる」のご利用をおすすめします。

    僧侶手配サービス「てらくる」なら、定額かつ相場の半額以下の金額にお布施代を抑えることができます!

    ↓「お葬式で困ったこと」という質問で、「心付けやお布施の額」が23.8%とトップだが・・・

    家族葬 費用 相場 お布施

    出典:「第一回お葬式に関する全国調査」アンケート|鎌倉新書(2013年11月)

    僧侶手配サービス「てらくる」なら、お布施代を「定額&格安」にすることができます!

    お布施 金額 費用 相場
    筆者
    お布施代を節約して、葬儀費用を安くした方は「てらくる」がおすすめです。

    格安&定額の僧侶手配サービス「てらくる」を利用すれば、お布施代を「47.3万→5万円」にすることができます。

    「てらくる」とは、「お葬式・法事・法要」で読経を行う僧侶を定額で手配してくれるサービスです。

    「てらくる」を利用すれば、「お葬式のお布施代:55,000円」+「法事・法要のお布施代:45,000円」で合計でたった10万円しかかからないため、お布施代を大幅に節約することもできるのです。

    ↓↓「小さなお葬式」の「てらくる」を利用すれば、お布施代は相場の半額以下になります!↓↓

    てらくる(小さなお葬式) 第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書(2017年)
    葬儀 法事・法要 お布施代の相場
    小さな火葬式 小さな一日葬 小さな家族葬
    55,000円 85,000円 160,000円 45,000円 47.3万円

    【家族葬の費用を徹底比較!】小さなお葬式 VS 有名・大手葬儀社10社

    家族葬 費用 相場
    (50代前半/男性)
    家族葬の費用を徹底的に比較して、最安の業者を見つけたい

    ここからは、このような人のために「家族葬費用が最安の小さなお葬式」と「有名・大手葬儀社10社」を徹底的に比較していきます。

    ↓↓この表の青文字リンクをタップ/クリックすると、それぞれの葬儀社の項目までジャンプします!↓↓

    葬儀社
    ①家族葬のファミーユ
    ②さがみ典礼
    ③典礼会館
    ④ベルコ
    ⑤玉泉院
    ⑥イオン 
    ⑦ベルモニー
    ⑧JAライフサービス越後中央
    ⑨セレマ
    ⑩ティア

    ①ファミーユ VS 小さなお葬式

    家族葬のファミーユは、基本価格だけなら小さなお葬式よりも安いです。

    しかし、実際にはプランに入っていない別途料金があるため、「定額&追加費用なし」の小さなお葬式に軍配が上がります。

    家族葬のファミーユ 小さなお葬式
    家族葬の費用 家族葬の費用(通常) 家族葬の費用(早割適用時)
    基本価格(432,000円)+追加費用 493,000円 443,000円

    ②さがみ典礼 VS 小さなお葬式

    さがみ典礼 家族葬 費用

    【出典】さがみ典礼

    さがみ典礼と小さなお葬式の家族葬費用を比較してみました。

    結果、「定額&追加費用なし」の小さなお葬式に軍配が上がりました。

    さがみ典礼 小さなお葬式
    家族葬の費用 家族葬の費用(通常) 家族葬の費用(早割適用時)
    583,200〜799,200円 493,000円 443,000円

    【体験談あり】さがみ典礼の家族葬費用は最安“54万円”!評判悪いって本当?裏側を徹底的に暴く!

    2018.06.04

    ③典礼会館 VS 小さなお葬式

    典礼会館 家族葬 費用

    【出典】典礼会館

    典礼会館と小さなお葬式の家族葬費用を比較してみました。

    結果、「定額&追加費用なし」の小さなお葬式に軍配が上がりました。

    典礼会館 小さなお葬式
    家族葬の費用 家族葬の費用(通常) 家族葬の費用(早割適用時)
    626,400円〜842,000円 493,000円 443,000円

    典礼会館の家族葬の費用は“60〜80万円”?追加料金・悪い口コミなど裏側を徹底的に暴きます

    2018.05.31

    ④ベルコ VS 小さなお葬式

    ベルコでは、葬式費用がいくらになるのかを計るシミュレーションを運営しています。

    このシミュレーションを利用して、家族葬のような小規模な葬式の費用を算出して比較しました。

    結果、「定額&追加費用なし」の小さなお葬式に軍配が上がりました。

    ベルコ 小さなお葬式
    家族葬の費用 家族葬の費用(通常) 家族葬の費用(早割適用時)
    845,326円 493,000円 443,000円

    ベルコの家族葬の費用は“約100万円”!注意点・口コミ評判など徹底的にまとめました

    2018.05.30

    ⑤玉泉院 VS 小さなお葬式

    玉泉院 家族葬 費用

    【出典】玉泉院

    玉泉院は、基本価格だけなら小さなお葬式よりも安いです。

    しかし、実際にはプランに入っていない別途料金があるため、「定額&追加費用なし」の小さなお葬式に軍配が上がります。

    玉泉院 小さなお葬式
    家族葬の費用 家族葬の費用(通常) 家族葬の費用(早割適用時)
    基本価格(421,200円)+追加費用 493,000円 443,000円

    ⑥イオンのお葬式 VS 小さなお葬式

    イオンのお葬式と小さなお葬式の家族葬費用を比較してみました。

    結果、「定額&追加費用なし」の小さなお葬式に軍配が上がりました。

    イオンのお葬式 小さなお葬式
    家族葬の費用 家族葬の費用(通常) 家族葬の費用(早割適用時)
    498,000円 493,000円 443,000円

    ⑦ベルモニー VS 小さなお葬式

    ベルモニーと小さなお葬式の家族葬費用を比較してみました。

    結果、「定額&追加費用なし」の小さなお葬式に軍配が上がりました。

    ベルモニー 小さなお葬式
    家族葬の費用 家族葬の費用(通常) 家族葬の費用(早割適用時)
    960,750円〜1,206,990円 493,000円 443,000円

    ⑧JAライフサービス越後中央 VS 小さなお葬式

    JAライフサービス越後中央は、基本価格だけなら小さなお葬式よりも安いです。

    しかし、実際にはプランに入っていない別途料金が多数あるため、「定額&追加費用なし」の小さなお葬式に軍配が上がります。

    JAライフサービス越後中央 小さなお葬式
    家族葬の費用 家族葬の費用(通常) 家族葬の費用(早割適用時)
    基本価格(302,400円)+追加費用(会場費・運営管理費など) 493,000円 443,000円

    ※最低でも、「会場費:64,800円」「運営管理費:43,200円」が追加費用としてかかります。

    ⑨セレマ VS 小さなお葬式

    セレマ 家族葬 費用

    【出典】セレマ

    残念ながら、「セレマの家族葬の費用がいくらであるか」については記載されていませんでした。

    しかし、「定額&追加費用なし」の小さなお葬式に軍配が上がると思われます。

    セレマ 小さなお葬式
    家族葬の費用 家族葬の費用(通常) 家族葬の費用(早割適用時)
    不明 493,000円 443,000円

    ⑩ティア VS 小さなお葬式

    ティア 家族葬 費用

    ティアと小さなお葬式の家族葬費用を比較してみました。

    結果、「定額&追加費用なし」の小さなお葬式に軍配が上がりました。

    ティア 小さなお葬式
    家族葬の費用 家族葬の費用(通常) 家族葬の費用(早割適用時)
    732,456円〜1,135,404円 493,000円 443,000円

    葬式費用を安くするには?相場以下に抑えるための4つの方法

    家族葬 費用 相場 安くする方法

    ①補助・扶助制度を活用する

    故人が「国民健康保険」または「後期高齢者医療制度」に加入していた場合は、葬祭費の補助を受けられます。

    また、故人が「会社員」で健康保険などに加入していた場合は、埋葬料が支払われます。

    葬祭費の場合、支給額は3万円から7万円となり、申請先は個人が住んでいた市区町村です。

    そして、埋葬料の支給額は5万円で、申請先は「年金事務所」もしくは「健康保険組合」になります。

    葬式費用の補助・扶助制度まとめ

    • 葬祭費:支給額は3万円から7万円
    • 埋葬料:支給額は5万円

    ※どちらも、申請の手続きが必要

    ②事前申し込み制度を利用する

    葬式費用 安くする方法

    葬儀社の中には、生前中のできるだけ早い時期に申し込みを行うことで、葬式費用を大幅に安くできるお得なサービスがあります。

    代表的なのが、「小さなお葬式」の早割と、「よりそうのお葬式(旧 シンプルなお葬式)」の事前割です。

    どちらのサービスも、最大で50,000円以上の特別割引が受けられるため、生前中に葬儀社選びを行なっている人から人気があります。

    ↓↓▼「事前申し込み制度」を利用すれば、葬式費用を最大50,000円以上安くできます↓↓

    小さなお葬式の割引金額(「早割」利用)
    葬儀プラン 通常価格 30日後 1年後 2年後
    小さな火葬式 193,000円 178,000円 173,000円 168,000円
    小さな一日葬 343,000円 328,000円 318,000円 303,000円
    小さな家族葬 493,000円 478,000円 463,000円 443,000円

    よりそうのお葬式(旧 シンプルなお葬式)の割引金額(「事前割」利用)

    葬儀(シンプルなお葬式)
    火葬式15,000円割引 一日葬15,000円割引 家族葬30,000円割引 一般葬50,000円割引
    無宗教プラン148,000円(税込)

    133,000円(税込)

    無宗教プラン278,000円(税込)

    263,000円(税込)

    無宗教プラン398,000円(税込)

    368,000円(税込)

    無宗教プラン498,000円(税込)

    448,000円(税込)

    ③「格安&定額」の僧侶手配サービス「てらくる」を利用する

    てらくる

    ほぼ全ての葬儀社の見積書には、寺院費用(お布施代)が入っていません。

    よって、葬儀社の見積もり金額にプラスでお布施代がかかります。

    「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書|日本消費者協会」によると、お布施の相場は47.3万円となっています。

    これだけの費用を払うのはできれば避けたいですよね。

    そこでおすすめなのが、追加費用一切なしの僧侶手配サービス「てらくる」です。

    通常、47.3万円ほどかかると言われているお布施代も、この「てらくる」なら半額以下の費用で抑えることができます。

    僧侶手配サービス「てらくる」なら、お布施代を「定額&格安」にすることができます!

    お布施 金額 費用 相場
    筆者
    お布施代を節約して、葬儀費用を安くした方は「てらくる」がおすすめです。

    格安&定額の僧侶手配サービス「てらくる」を利用すれば、お布施代を「47.3万→5万円」にすることができます。

    「てらくる」とは、「お葬式・法事・法要」で読経を行う僧侶を定額で手配してくれるサービスです。

    「てらくる」を利用すれば、「お葬式のお布施代:55,000円」+「法事・法要のお布施代:45,000円」で合計でたった10万円しかかからないため、お布施代を大幅に節約することもできるのです。

    ↓↓「小さなお葬式」の「てらくる」を利用すれば、お布施代は相場の半額以下になります!↓↓

    てらくる(小さなお葬式) 第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書(2017年)
    葬儀 法事・法要 お布施代の相場
    小さな火葬式 小さな一日葬 小さな家族葬
    55,000円 85,000円 160,000円 45,000円 47.3万円

    ④追加費用が発生しない定額サービスを利用する

    家族葬 追加費用

    葬式を行う際に一番困ることは、あとあと見積書に記載されていない追加費用を請求されることです。

    独立行政法人「国民生活センター」によると、「見積書に記載されていない費用」を請求された人が多数確認されています。

    ↓高額の追加費用を請求される人は「年間600人以上」

    現在、日本の約9割の葬儀社は、「火葬場使用料」「飲食接待費」「返礼品代」などを追加費用として請求しています。

    よって、あなたが普通に葬式を行なった場合、何かしらのかたちで別途料金を請求されることでしょう。

    このようなトラブルを回避するためには、追加費用が発生しない定額の葬儀サービスを利用するしかありません。

    定額の葬儀サービスの中でも、特に評判がいいのが「小さなお葬式」です。

    2017年の葬儀受注件数は全国No. 1であり、お客様満足度も93.4%を記録しています。

    葬式費用を安くしたい方は、無料の資料請求から始めてみてはいかがでしょうか?

    ▼こちらのリンクから資料請求を行うと、5,000円割引の特典が受けられるキャンペーン実施中です!▼

    小さなお葬式

    ≪「小さなお葬式」の特徴≫

    • 2017年度 葬儀受注件数No. 1(TPCマーケティング調べ)
    • 葬儀実績15万件突破(2018年3月)
    • お客様満足度93.4%
    • 知人にも紹介したいと回答した人の割合は94.3%
    • 提携している式場は日本全国に4,000ヶ所以上

    まとめ

    家族葬 まとめ

    以上、当記事では「家族葬の費用相場」「葬式費用を安くする4つの方法」についてまとめていきました。

    家族葬は喪主の負担が少なく、故人とのお別れの時間も確保できるため人気を増しています。

    もし、あなたが葬式費用を安くしたいと思っていたり、身内だけで静かに葬儀を行いたいなら、家族葬を検討してみてください。

    ABOUTこの記事をかいた人

    24歳の終活カウンセラー。Amazonで終活関係の本を20冊以上購入し、電車の中で毎日読む生活を4ヶ月以上継続中。最近はまっている趣味は「マインドフルネス(瞑想)」。人生に疲れたら、お寺に行って座禅修行する予定。