【家族葬】平均よりも費用を“54万円”安くするたった1つの方法とは?

「家族葬の費用を平均よりも安くしたい」

そんなあなたのために、家族葬の費用について知っておきたい情報をまとめました。

平均よりも“54万円”も安くなる方法についても徹底的に解説していきます。

ABOUTこの記事をかいた人

24歳の終活カウンセラー。Amazonで終活関係の本を20冊以上購入し、電車の中で毎日読む生活を4ヶ月以上継続中。最近はまっている趣味は「マインドフルネス(瞑想)」。人生に疲れたら、お寺に行って座禅修行する予定。

    家族葬の平均は“112万円”

    家族葬 費用 平均

    家族葬とは、親しい友人・身内のみが参加する極めて小規模な葬儀のことです。

    一般葬の参列者が50人〜100人以上なのに対して、家族葬では10人〜30人ほどしか参列しません。

    飲食代・飲料代などの料金が大幅に節約できますので、昔ながらの一般葬よりも費用が安いとよく言われます。

    そんな家族葬ですが、費用の平均はいくらなのでしょうか?

    家族葬の平均費用-月次推移|エンディングデータバンク(2018年)」によると、年間を通しての家族葬の平均費用は約112万円となっています。

    時期によって多少の価格差は見られますが、概ね100万円〜120万円ほどで推移しているようです。

    表①→家族葬の費用の平均は“112万円”!

    家族葬 費用

    【出典】エンディングデータバンク

    家族葬の費用が平均よりも“54万円”安くなるたった一つの方法とは?

    家族葬 費用 平均

    葬儀社の中には、葬儀費用の一括見積もりサービスを行なっているところがあります。

    このサービスを使うことで、たった1回のお問い合わせで最大10社の葬儀社から見積書をもらって、比較することができます。

    代表的な会社に「葬儀レビ」と「いい葬儀」があります。

    複数の葬儀社の見積書を比較できる「葬儀レビ」と「いい葬儀」を利用するメリットは以下の3つです。

    1. 葬儀費用の相場観を養える
    2. 最安の家族葬プランを見つけることができる
    3. きちんと情報を集めて比較検討した上で選ぶので、あとあと後悔することが少ない

    一括見積もりサービスを使うことで、家族葬の費用を平均以下にすることができます。

    例えば、株式会社みんれびが運営する「葬儀レビ」の利用者の場合、家族葬の平均費用は579,489円(約58万円)です。

    これは、通常の平均112万円よりも約54万円も安いことになります。

    複数の葬儀社を比較検討することは、家族葬の費用を抑える最も有効な方法ということですね。

    表②→葬儀レビ利用者の家族葬の平均費用は“約58万円”!

    家族葬 費用 平均

    【出典】葬儀レビ

    表③→一括見積もりサービスを使うと、平均費用は54万円安くなる!

    家族葬の平均費用 差額
    通常 約112万円 54万円
    「葬儀レビ」利用者 約58万円

    家族葬の費用における2つの注意点

    家族葬 費用 平均

    【飲食接待費】見積書に掲載されているか確認しよう

    まず何よりも確認しないといけないのが、見積書に飲食接待費が記載されているかどうかです。

    通夜・告別式を行う通常の家族葬では、「通夜振舞」「精進落とし」といったかたちで飲食代・飲料代がかかります。

    ほぼ間違いなく必要経費なのですが、多くの葬儀社ではこの飲食接待費を見積書に記載していません。

    飲食接待費を除くことで「格安の葬儀プラン」に見せかけている葬儀社がたくさんいるのです。

    「この葬儀社が一番安い」と思って選んだはずが、「実は他社の方がはるかに安かった」ということが普通に起こり得るので、注意が必要です。

    葬儀プランや見積書を比較するときには飲食接待費が記載されているかどうかを確認して、家族葬の費用は全てを含んだ価格で比較しましょう。

    【寺院費用(お布施代)】お坊さん便を利用すれば、相場の半額になる

    お坊さん便

    「第11回『葬儀についてのアンケート調査』報告書|日本消費者協会(2017年)」によると、寺院費用(お布施代)の平均費用は47.3万円となっています。

    飲食接待費と違って、お布施代は家族葬でも一般葬と対して違いはありません。

    つまり、普通に葬儀社に葬儀を任せていると、この平均47.3万円ものお布施代を支払わないといけなくなります。

    「どうにかしてお布施代を節約したい」

    多くの方がこのように思っていることでしょう。

    幸いなことに、お布施代を相場の半額以下に抑えることができるサービス「お坊さん便」があります。

    「お坊さん便」とは追加料金一切不要の僧侶手配サービスのことで、「Amazonで僧侶を購入できる!?」と世間を騒がせたこともある画期的なサービスです。

    家族葬の場合、相場の半額以下である16万円でお布施をしてもらうことができ、当日に謝礼金を渡す必要も一切ありません。

    表⑤→お布施代の平均は47.3万円。しかし「お坊さん便」ならたったの“16万円”!

    お坊さん便

    お坊さん便

    お布施代の全国平均47.3万円に対して・・・

    火葬式:5.5万円

    一日葬:8.5万円

    家族葬:16万円

    という超低価格を実現しています!

    Amazonにも出品されたことで話題を呼んだ画期的なサービスです。

    「お布施代をできるだけ節約したい」

    そのような方におすすめです!

    家族葬の費用を平均以下にするための3つの方法

    家族葬 費用 平均

    ①葬祭費の給付を申請する

    故人が「国民健康保険・後期高齢者医療制度」に加入していた場合に限り、申請をすることで「葬祭費3〜7万円」の給付が得られます。

    【葬祭費】

    葬祭費の場合、支給額は市区町村によって3〜7万円、申請先は故人が住んでいた市区町村になります。

    【出典】大切な身内が亡くなったあとの手続きの本|エイ出版社 (2017/12/29)

    ②埋葬料の給付を申請する

    故人が「健康保険」に加入していた場合、申請をすることで「埋葬料5万円」が支払われます。

    【埋葬料】

    被保険者が業務外の事由により亡くなった場合、亡くなった被保険者により生計を維持されて、埋葬を行う方に「埋葬料」として5万円が支給されます。

    【出典】ご本人・ご家族が亡くなったとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会

    ③複数の葬儀社を比較して“最安”を見つける

    家族葬 費用 平均

    家族葬の平均費用が112万円なのに対して、葬儀費用の一括見積もりサービス「葬儀レビ」利用者の平均費用は約58万円でした。

    公的な援助制度や互助会、葬儀保険など様々な方法で葬儀費用の負担を減らすことはできますが、やはり最も有効な方法は「複数の葬儀社の比較検討」でしょう。

    ここでは、葬儀社の比較に役立つ「おすすめの一括見積もりサービス2選」。

    そして、比較する上で必ず知っておきたい「業界最安の家族葬プランを提供する葬儀社2選」をご紹介します。

    おすすめの一括見積もりサービス2選!

    葬儀一括見積もりサービス 特徴
    葬儀レビ

    葬儀レビ

    最大10社から葬儀費用の見積書をもらえます!

    業界最大規模の葬儀一括見積もりサービスです。

    ・全国400社の中から費用を比較できる

    ・お急ぎの方も安心。24時間365日のいつでも10分で対応!

    ・利用料完全無料!

    複数の葬儀社を比較して、最安を見つけたい方はこちらからどうぞ。

    いい葬儀

    いい葬儀

    最大3社から見積書をもらうことができます!

    ・通話料金は当然無料!

    ・24時間365日いつでも対応可能!

    ・豊富な口コミ情報でしっかりと比較できる!

    複数の葬儀社を比較して、最安を見つけたい方はこちらからどうぞ。

    業界最安の家族葬プランを提供する葬儀社2選!

    葬儀社 料金システム

    よりそうお葬式

    よりそうお葬式

    葬儀費用の全国平均:1,957,000円に対して・・・

    家族葬:278,000円〜398,000円

    という圧倒的な低価格プランを提示しています。

    「葬儀費用をとにかく安くしたい!」

    という方はまずはお気軽に資料請求をしてみて下さい。

    資料請求をすることで、「5,000円割引」の特典が得られます!

    小さなお葬式

    小さなお葬式

    葬儀費用の全国平均:1,957,000円に対して・・・

    家族葬:338,000円〜488,000円

    近年、コストと手間を抑えた「小さなお葬式」が流行っています。

    葬儀費用をとにかく安くしたい!

    という方はまずはお気軽に資料請求をしてみて下さい。

    資料請求をすることで、「5,000円割引」の特典が得られます!

     

    ABOUTこの記事をかいた人

    24歳の終活カウンセラー。Amazonで終活関係の本を20冊以上購入し、電車の中で毎日読む生活を4ヶ月以上継続中。最近はまっている趣味は「マインドフルネス(瞑想)」。人生に疲れたら、お寺に行って座禅修行する予定。